ホーム>博多もつ鍋の歴史

博多もつ鍋の歴史

博多もつ鍋の歴史

博多もつ鍋の歴史

博多もつ鍋の歴史

スタミナ満点のホルモンと野菜をたっぷり使ったもつ鍋は、男性だけでなくカロリーを気にする女性にも人気です。自宅で作ったり有名店に足を運んだり、通販お取り寄せされる程人気の博多名物もつ鍋には、どのような歴史があるのでしょうか。

博多もつ鍋の起源

博多もつ鍋の起源

博多もつ鍋の起源は、戦争が終わって間もない昭和初期、福岡の炭鉱で働く人々の間で誕生しました。その頃はまだ鉄鍋がなかったため、現代の食べ方とは違い鉄鍋を使わずに、強度の低いアルミ製の鍋でもつを炊いていました。味付けは醤油で、具材は今と変わらずニラを使っていたとされています。

 

現代のもつ鍋が誕生

現代のもつ鍋が誕生

1960年代の頃、唐辛子をゴマ油で炒めてから鉄鍋にもつ・ニラを入れて、醤油ベースのスープでいただく「すき焼き風」のスタイルが確立され、人々の間に浸透していきます。

これだけでも立派な博多もつ鍋ですが、その後、馴染みの利用客によって、さらに今の形に近づくことになります。仕上げに入れて食べてみたいという要望で、馴染み客が残りのスープにちゃんぽん麺を投入したのです。この味が評判を呼び、博多もつ鍋はさらなる変化を遂げました。麺が加わったことで食べ応えが増し、食事代わりにもなる一品となったのです。

 

進化する博多もつ鍋

進化する博多もつ鍋

醤油ベースのスープで食べられていた博多もつ鍋ですが、現代は醤油ベースのスープに加え味噌ベースのスープでも楽しまれています。それは味付けだけでなく、ちゃんぽん麺の他にご飯やうどんを入れるなど、食べ方のバリエーションも広がり、多くの家庭で楽しまれる国民食となりました。旨味がたっぷり詰まった美味しい出汁と、野菜とホルモンの栄養が合わさった博多もつ鍋は、地元では「医者いらず」と呼ばれて親しまれています。

冬はこたつを囲んで、夏は汗を流しながら食べるのがおすすめです。そんな、本場福岡のもつ鍋セットをお取り寄せする際は、当店の通販をご利用ください。プリプリの食感と独特の甘みを堪能いただけるこだわりのもつ鍋セットを、お手軽にお取り寄せいただけます。また、鮮度と品質の良い九州産業務用もつを通販にてご提供していますので、お気軽にお問い合わせください。